ふるさと納税でグルメポイントを獲得して高級食材を手に入れる

納税して地域食を楽しむ

風景

美味しく利用して節税する

ふるさと納税と言う言葉が浸透しだした昨今。ふるさと納税とは、地方自治体に一定額を寄付する事で特産品などの謝礼がもらえ、自己負担2,000円で税額控除される制度である。所得などの条件に応じて上限金額が設けられているが、近年マスコミでも取り上げられる程多くのふるさと納税利用者がいる。この制度に新たにグルメポイントという体験型ふるさと納税が出来た。こちらはふるなびというふるさと納税専門サイトが作ったもので、寄付金の半額をグルメポイントとして利用者に還元し、そのポイントを使って各自治体で利用できるレストランなどで食事をし、自治体の良さを知ってもらおうというものである。自治体を応援し、節税しながらグルメポイントも使って御当地名産の食事が出来るという事は、利用者にとってみればかなり魅力的なものではないかと考える。というのも、私達は自分達の住む地域の特産品、名産品は何があるのか知らない人も多いのではないだろうか。このグルメポイントを利用する事で、日頃目立たない存在となっている特産品を食する機会を持つができるのだ。それにより、利用した自治体の特産品、地方の名物を知る事ができるのである。また、グルメポイントの有効期限は場所によっても違いがあるがほとんどの場所では期限が長く設定されているため、貯めておくことが可能となっている。そのため、どの特産品が良いか迷っている人や選ぶ時間がない人でも時間をかけて選べる点も魅力の1つとなっている。